期待を込めた鶯谷デリヘル

胸が大きめな風俗嬢と楽しんだ

子供の頃って大人の女性のおっぱいを触っても文句言われないし、胸の谷間や乳房を好きなだけ触りたい放題だよな。大人になった今では考えられないことだけど、おっぱいを顔でポヨポヨさせながら勃起させても許されるところがいい。当時のように好きなだけおっぱいを触れて自分の思い通りにできればどんなに素晴らしいんだろう。俺は自分の欲望を満たすためにデリヘルに在籍している風俗嬢の中で、おっぱいが大きめで可愛らしい女性を探してみた。写真では胸を盛るブラをつけている人もいるため、注意深く一人ずつおっぱいをチェックした結果、二人まで候補が絞られた。そこで、受付の人に二人の風俗嬢の特徴を聞いてみると、写真だけではわからないようなことを教えてくれて相手が決まった。シャワーを浴びながらおっぱいを揉み揉み、ベッドに入ってからも背後から手をまわしておっぱいの感触を味わっていると、彼女はお尻を勃起したものに押し付けて擦り付けてきた。これがすごく気持ちよくてあっけなく射精、デリヘルって本当に素晴らしいな。

ベッドに寝る女性

淡い色の下着が似合う風俗嬢とエッチした

女性は裸よりも下着姿が一番エロいと思うのは自分だけだろうか。女性用の下着ってデザインや生地が無限大って言っていいほど種類が多くて、それに下着の形状や色を組み合わせると莫大な数の下着がある。美しい女性なら、どの下着を身に着けても似合うかもしれないけど、俺は何といっても淡い色の下着が似合う女性が好き。女性の美しさは濃い色のようなとげとげしい色ではなく、何といっても透明感のあるような美しさだと俺は思っている。そのため、デリヘルで風俗嬢を家に呼んで遊ぶなら淡い色の下着が似合うような、清楚系の風俗嬢が一番だと思うので、俺はホームページ上で写真をチェックしてから相手を決めた。それにしても、デリヘルに在籍している風俗嬢って結構人数がいるけど、これだけいろんなタイプの女性がいればすべての男性の欲求を満たせるだろうな。俺は家に来た女性に目の前で下着を見せてもらった。薄い水色の透き通るような下着を見ると、彼女の体が美しく見えて最高だった。きっちり、俺の精液で彼女の下着を汚したし満足したわ。