期待を込めた鶯谷デリヘル


風俗嬢ととにかくキスをしまくった

デリヘルのオフィシャルページを見ていたら可愛らしい風俗嬢がいたので予約した。一応、風俗嬢のスケジュールを確認してみたけれど、ちょうど俺の仕事の休みとも一致していたし、俺が起きている時間帯に来てくれそうだったので当日までドキドキしながら待ったんだ。一応、デリヘルのページをもう一度確認して風俗嬢の得意プレイや可能なプレイをチェックして、彼女を家に迎え入れた。初めはお互い緊張して適当な雑談ばかりしていたけれど、次第に目が合うようになっていて軽いキスから始まった。唇と唇で触れ合うフレンチキッスをして、ちょっとだけ舌を絡めるようなお子様キッスから激しく求めあう大人のキッス。お互いの唾液が音を立てて混ざる頃にはだいぶ恥ずかしさもなくなっていて、俺は彼女の胸を触りながらキスをしていた。ちなみに彼女はキスをしながら俺の下半身を撫でたりシコシコしたりしてきた。キスの時間だけでかなり時間を費やしたが、最後は口の中で発射。デリヘルを頼んで本当によかったわ。

肌の温もりが恋しいときは風俗嬢としよう

オナニーでも十分満足していたつもりだったけど、たまには女性の肌の温もりが恋しくなる。自分好みの女性なら誰でもいいので、とにかくぬくもりを感じるエッチがしたくなった。デリヘルならお金を払えば誰でもエッチができるし、風俗嬢ってかなりテクがあるらしく気持ちよくしてもらえそうなんだよな。今回は、デリヘルのホームページを確認してから好みの風俗嬢を探してみた。ちなみに、俺が女性を選ぶ基準は可愛らしさとおっぱいの大きさ。特に、身長が小さめで目が大きいというのがポイントで、さらに胸が大きければ完璧なんだよ。あっさり自分好みの風俗嬢が見つかったので、彼女を家に呼んで一緒にシャワーを浴びた。目の前で大きなおっぱいが揺れるのを見ていると、それだけでたまんないしすぐに勃起してしまう。しかも、彼女のおっぱいは乳首が小さくて、乳房と乳首のアンバランス感がたまんない。俺は風呂場で彼女にパイズリしてもらい、乳首と肉棒の先端を何度も擦り付け合って最後は射精した。